使っていないパソコン・スマートフォンを寄贈していただけますと、
カンボジアのストリートチルドレンや最貧困地域で暮らす女性のための支援になります!

ご不要になったパソコン・スマートフォンをご寄贈いただくと、中古PCの販売を行う株式会社メディエイターが買取を行い、生活に困難な状況にあるカンボジアの子どもや女性たちを支援するために寄付されます。

カンボジア支援では、NPO法人かものはしプロジェクトが行うストリートチルドレンの就学支援の費用や、カンボジア最貧困地域で働く女性の職業訓練費用として使われます(約600円でストリートで暮らす子ども1人が1週間学校に通うことができ、約500円で最貧困地域で暮らすカンボジアの女性1人が、1週間自立のための職業訓練を受けることができます)。

キャンペーン結果につきましては、終了後に当ホームページにてご報告いたします。

<キャンペーンの仕組み>

かものはしプロジェクトとは?

かものはしプロジェクトは、世界の子どもが売られてしまう問題の解決を目指しており、現在は、1990年代頃から被害が深刻化していたカンボジアで活動しています。 子どもが売られてしまう主な原因は、貧困と、買う環境が整ってしまっていることです。子どもを売らせないために、親に仕事を提供する事業や被害にあう可能性の高い子どもを保護するための孤児院支援をしています。また、子どもを買わせないために、現地の警察を訓練する事業を行っています。

今回のパソ貢献キャンペーンでは、前回に引き続き、人身売買の被害にあう可能性の高い子どもたちが住むエリアの孤児院支援を行います。また、最貧困地域のカンボジアの女性が自立のための職業訓練ができるような支援もあわせて行います。これらの取り組みによって、子どもたちが人身売買にあうリスクが減り、孤児院が運営するフリースクールに通うことができます。さらに、最貧困地域に住むカンボジア女性は、自立のための職業訓練を受けることで貧しさから抜け出すことができます。

キャンペーン概要

<第4回パソ貢献project実施期間>

2012年12月3日~2014年3月31日 ※本キャンペーンは2014年3月31日をもって終了いたしました。

<ご参加方法>

①パソコンやスマートフォンをご寄贈いただける場合は、当WEBサイト内の【ご寄贈お申込フォーム】にてお申込みください。郵便局スタッフが寄贈品の集荷に伺います(送料をご負担いただく必要はございません)。
パソ貢献project公式Facebookページにおいて、「いいね!」をお願いいたします(いいね!1件あたり10円が寄付されます)。

<ご寄贈お申込み方法>

①申込フォームへの入力
「パソコン・スマートフォンご寄贈申込フォーム」に必要事項を入力し、送信してください。(アクセスが集中するとフォームが表示できなくなることがございます。その際は、お手数ですが改めてアクセスをお願いいたします)

②パソコン・スマートフォンの梱包
ご寄贈いただけるパソコンやスマートフォンを梱包してください。梱包の仕方についてはFAQをご参照ください。

③集荷
①の申込フォームにてご入力いただいたご希望の集荷日時に、パソ貢献project提携の日本郵便スタッフが引取りにお伺いいたします。(※配送にかかる費用は“株式会社メディエイター”が負担いたします。)

<受付対象のパソコン・スマートフォン> ※詳細についてはFAQをご参照ください。

 ①起動確認が取れており正常に動作するもの
 ②本体に著しい損傷がないもの(水没したスマートフォンは対象外)
 ③(Windowsパソコンの場合)Microsoft社の正規コアシールが貼ってあり、搭載されているOSがWindowsXP以降のもの
 ④スマートフォンは、Apple社製端末がiPhone3G以降のもの、Android端末が2010年以降に発売されたもの

<買取金額が1万円を超える商品の寄贈について>

法令上、身分証の写しをお送りいただく必要がございますので、該当するお客様にはパソ貢献事務局よりご連絡を差し上げます。あらかじめご了承のほどよろしくお願いいたします。
なお、お預かりする身分証は買取による証明のみに利用し、“株式会社メディエイター”によって適切に管理並びに処分させていただきます。

<法人のみなさまへ>

寄贈にご協力いただきました法人様のロゴをパソ貢献project公式サイト内に掲載させていただいておりますので、掲載をご希望される場合はその旨、ご寄贈申込フォームへご記入をお願いいたします。

<その他寄贈に関するご質問>

FAQをご参照ください。

<各種お問い合わせ先>

パソ貢献事務局
pasokoken@mediator.co.jp